税務調査でお困りの方

突然やってくる税務調査の不安を解消

税務調査はある日、突然にやってきます。
「うちは何年も税務調査来ないしもう来ないのかも」とか「うちは開業以来税務調査受けてないなぁ」と税務調査とは自分は無縁のものと思っていてもある日、突然調査の連絡はやってきます。また、本当に何の連絡もなく突然にやってくる場合もあります。「いや今回は遠慮しときます」と言えればいいのですが、そうもいきません。なぜこの時期に自分のこところに来るのかいろんなことが不安になることでしょう。
しかし、普段の申告をしっかりとしておけば本来はそんなに不安になる必要はありせん。税務調査の日程を忙しい中、何日も取られるのが迷惑だとか、問題ないとはいえ、あれこれ詮索されるのは気分が悪いとかあまり気が進まない々な気持ちはわかります。そんな社長様の様々なストレスを山田税理士事務所では事前打ち合わせや税務調査シミュレーションにより少しでも減らすべくご協力させていただきます。

税理士によって調査結果は変わってきます。

また、税務処理については、税法や基本通達などの規定にしたがって処理されていれば問題ないのですが、世の中で起きる現象について税法や基本通達などがすべて詳細に規定しているわけではないので、それぞれ解釈が必要な場合ができ来ます。税務署としては税金が増える方向に解釈していきますが、納税者としては当然税金が減る方向に解釈していきたいところです。そこで解釈の相違が生まれてきます。こういった解釈の相違が生じた場合においては調査官の方との交渉力が重要となりますので、指摘事項が出た後の交渉の良し悪しによって当然のことながら調査結果は変わってきます。

「税務調査で一筆入れてください」と言われた場合どうするか

税務調査で一筆入れてくださいと言われたら
税務調査で一筆入れてくださいとは 納税者の回答自体を証拠として採用するため「申述書」などの名目で自らの非を認めるような形での文書に署名を求...