よくある質問

ご契約までの流れについて

このホームページを見て、山田会計事務所に興味をお持ちの方は、お電話またはメールにて直接、山田会計事務所までお気軽にお問い合わせください。
まず、お会いする前に気になることは何でもお尋ねください。
次に金山の当事務所か、お客様の事務所(またはご自宅でもかまいません)にて直接お会いしてお話させていただきます。
そこで、人となりや考え方など、納得いくまでご検討いただいたうえでご契約ください。このときまでは、料金も当然、発生いたしません。

税理士や社労士のちがいについて?

税理士とは個人の方や法人の方の税務署や各市町村への税務申告書を作成及び提出を行う税務に関する専門家です。これに対して社労士は労働保険・社会保険に関する書類の作成及び提出を行う人事・労務の専門家です。給与の計算に関しては税金に関する部分と社会保険・労働保険に関する部分がございますので、会計事務所で行っている場合と社労士事務所で行っている場合がございますので、わかりにくところかもしれません。給与計算に関しましては山田会計事務所でも行っております。また、助成金のご相談や申請に関しましては提携しております社労士をご紹介させていただいております。

営業エリアはどのあたりまで?

現在、山田会計事務所では、愛知県名古屋市(中区、熱田区、南区、緑区など)、豊明市、日進市、刈谷市、東京、横浜など幅広い地域のお客様に御契約いただいております。
遠方のお客様には、資料の受け渡しは郵送等によっています。

お客様の業種や規模は?

業種も医療法人、建設業、飲食業、自動車販売業、など様々、規模も上場会社から中小法人、個人事業者のお客様まで様々いらっしゃいます。

うちの使ってる会計ソフトにも対応できる?

会計ソフトは弥生会計を中心に勘定奉行、財務応援、会計王などその他柔軟に対応させていただきます。

会計事務所をかえるのによいタイミングってあるの?

[税務調査がそろそろ入りそうだから・・」、「今期の決算が終わってからの方がいいのかな?」などいろいろな声をお聞きしますが、基本的にはいつでも問題はないと考えております。
期の途中で仮にかわっていただいたとしても、すでに会計事務所に支払済の月次の顧問料は基本的にいただいておりません(ただし、決算前にご依頼いただいて、年間の記帳代行が必要となる場合等は若干の追加分をいただく場合がございます)。
また、かわる以前の年度の税務調査があっても最大限対応いたします。