顧問税理士をお探しの方

今まで、弊所に顧問税理士を変更された際に顧問先様からお聞きしたお困り事由として主なものは以下のようなものがありました。

  • 接待交際費について「ゴルフのプレー代は月に一回しか認められません」など経費算入について厳格過ぎる
  • 入力は会社で行っているが、試算表は会計事務所からしか印刷できないため、毎月の損益の状況がリアルタイムにつかめない
  • いろいろと資料作成をお願いしても、担当者が忙しいのかあれこれ理由をつけて対応してくれない
  • 会計事務所に記帳代行を依頼していたが、会計事務所が人手不足で今期から会社で入力してほしいといわれたが、突然言われても今の体制では無理。
  • 会計事務所の担当者があまりにも頻繁に入れ替わってやりずらい。
  • セットプランということで契約したはずが、オプションと称して別途料金が取られる。また、自分で出来る部分は自分でやるから料金を下げてくれと言ってもセットプランだからと言って応じてくれない。
  • 試算表を毎月作ってほしいと言っても、決算のときしか作ってくれない。
  • 税務調査の際に全く助けてくれない。任せておいたつもりが自分(社長)の知らないおかしな処理がいくつもあった。などなど

いかがでしょうか?あまりにも会計事務所の都合で社長様がお困りではないかと思ってしまいます。
弊所では経費算入に関しましては、もちろん何でも経費に入れますよということではありませんが、事業に関連性のある経費については極力幅広く経費に算入しようと思っております。また、弊所ではセットプランというようなスタイルはとっておらず、ご訪問の頻度、試算表の作成の頻度、記帳代行をするか否かを基本に給与計算、年末調整、登記手数料などをどうするか最初に社長様のご希望を聞いたうえでご提供するサービス及び料金を決めさせていただきます。
顧問税理士変更を希望されているお客様は当然なにがしかの不満をお持ちですので、その不満をまず解消したうえでさらに希望するサービスとご提供サービスのミスマッチを解消していけば大半のお客様は結果的に顧問料の引き下げにつながることが多いです。
現状の税理士さんに若干に不満があったとしても、いざ変更しようと思ってもほかの税理士はどうかわからないしエネルギーも使うし、資料の引継ぎや変更の時期はどうしたらよいかなどいろいろお悩みのことも多いかと思います。
弊所では無料相談も行っておりますし、単発でのセカンドオピニオン、単発での税務調査対応も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。