交際費と会議費

【Q】一人当たり5000円以下の飲食代の取り扱いについて教えて下さい。

【A】飲食費に関しましては、その支出する金額を飲食等に参加した者の数で割って計算した金額が5,000円以下である費用については、以下の事項を記載した書類の保存を条件に交際費ではなく、会議費などの経費とすることができます。
(ただし、その法人の役員若しくは従業員又はこれらの親族に対する接待等のために支出するものを除きます。)

  • 飲食等の年月日
  • 飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の氏名又は名称及びその関係
  • 飲食等に参加した者の数
  • その費用の金額並びに飲食店等の名称及び所在地
    (店舗がない等の理由で名称等が明らかでないときは、領収書等に記載ある支払先の名称、住所等)
  • その他参考となるべき事項

なお、上記の5000円の判定は、法人の適用している経理処理が税抜経理方式であれば税抜きで5000円以下か否か又は税込経理方式であれば税込みで5000円以下か否かにより行います。