社用車は高級車でもOK?

社用車は高級車でもOK?

社用車は高級車でもOK?

たまに高級車だと社用車として認められないですよね?というご質問をいただくことがあります。 会社の経費になるか否かというのはそもそもその車が会社の事業に利用されているのかどうかということが最も重要です。(車に関しては減価償却という手続きにより耐用年数に従い、経費参入していきますので、購入時に一括経費になるわけではありませんが、耐用年数に応じて経費算入されていきます。)

したがって、営業車は300万円未満でないという認めない等の税務上のルールがあるわけではありませんので、車種にかかわらずその車が会社の事業に利用されていればその利用にかかる分については当然経費算入されます。社長であればそれ相応の高級車に乗っていたほうがよい等の営業上の理由もあるでしょうから、高級車だから社用車としてだめということはありません。

ただし、冒頭に申しあげたように「その車が会社の事業に利用されているのかどうか」がポイントになりますので、社用車という位置づけであっても個人利用部分は経費算入ができませんので、個人利用がある場合は会社利用と個人利用で7対3や8対2など実際の利用時間状況に応じて耐用年数に応じた減価償却費を按分することになります。