不動産投資の注意点(税金や修繕費に注意)

不動産投資の注意点

アパートやマンション経営をする場合

借り入れでアパートやマンション経営する場合、毎月の家賃で借り入れを返済し、借入金が返済し終わったらあとは家賃収入で老後の年金替わりなどと考えている方も多いと思います。
借入金の元金の返済についてはお金はその分出ていくにもかかわらず、税金を計算する上で損金にはならないという点です。
すなわち、毎月の家賃収入が10万円あったとして銀行への支払いが借入金の元金7万円、利息1万円であった場合、手元に残るお金は2万円ですが、税金を計算するうえでは10万円-1万円=9万円に対して税金がかかってきます。
また、アパートやマンションは定期的に修繕が必要になります。外壁の塗り替えなど大規模な工事も10年単位で必要になります。これらのコストも見積もっておかなければなりません。
さらに、築年数が経って古くなると入居率が悪くなります。当初の予定通り家賃収入がはいいてこなくなる可能性があります。そうなると不動産仲介会社がここを直さないとダメですよなどと言って関連会社のリフォーム会社を勧めてきます。これを断ると入居を紹介してもらえないと考えてリフォームを行います。それでも、もとは古い建物ですから、新築と比べると急激に入居者が増えるわけでもありません。すると更なるリフォームを勧めてきたり、家賃値下げの要求…などの繰り返しになります。
せっかく不労所得で左うちわと思っていても後で結局損をしたと嘆くことになりかねません。
駅が近いなどの利便性のよい場所であれば、最終的には売却益を得ることができます。
安易な不動産投資は要注意です。