対象となる医療費(生計を一にするの範囲)

対象となる医療費の範囲は申告する本人及び本人と生計を一にする親族が1年間に支払った医療費です。

「生計を一にする」とは、扶養控除の対象となる扶養家族よりも範囲の広い考え方です。扶養家族は所得要件等がありますが、「生計を一にする」というのはそういった所得要件等なく、親族が同一の家屋に起居していれば、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。 「生計を一にする」とは、また、同居が必要というわけでもありません。例えば、通勤・通学等の都合上別居していても、常に生活費、学資金等の送金が行われている場合には、「><p>」ものとして取り扱われます。

このことから考えますと、家族の中に収入のある方が何人かいたとしても、一番収入の高い方がまとめて医療費控除をするというのが、家族全体の節税という意味ではいちばんいいということになります。 (医療費をバラバラで申告しても10万円を超えないがまとめると10万円を超える場合がある、または、所得税は収入の増加に比例して段階的に税率が上がっていきますので、収入の高い方の方が高い税率で計算されている部分が大きく医療費控除の効果が大きい可能性があるなどが理由です。)

また、親族というのは配偶者と6親等内の血族、3親等内の姻族のことをいいます。