医療費控除とは

医療費控除は1月から12月の1年間に支払った医療費について、所得税の計算から控除することができる制度です。1年間の間の支払いが必要になりますので、年末で未払いとなっており翌年払った場合は実際に支払った翌年の医療費控除の対象となります。

医療費控除は1年間に原則10万円を超えた額の医療費が対象です。あくまで10万円を超えた分ですので、年間の医療費が10万円以下の場合、医療費控除を受けることは出来ません。また、年間の所得金額が200万円以下の方は10万円ではなく所得金額の5%が上限になります。

医療費控除を受けるためには確定申告が必要です。給与所得のみのいわゆるサラリーマン
やOLの方は、通常は年末調整で所得税の精算をして終わりなのですが、医療費控除を受ける場合には自ら確定申告をする必要があります。

医療費控除を受けるためには、支出した医療費の領収書等を確定申告書に添付する必要があります。具体的には1.1月から12月までに支出した医療費の領収書類、2.領収書のない電車・バス・タクシーなどの通院費に関する明細、3.証明書が必要な医療費についてはその証明書が必要となります。