料金表(クラウド会計プラン)

公認会計士・税理士 山田会計事務所の料金表(クラウド会計プラン)

クラウド会計お値打ちプラン(料金表)
以下のプランはMFクラウド会計・freee・弥生会計クラウドのクラウド会計を導入いただいた場合のクラウド会計プランです。

クラウド会計を導入していただくことにより、自動取込の活用などにより、当税理士事務所の負担が減ることが考えられるため下記の2つのお値打ちプランをご用意させていただきました。
なお、個人事業主の方のご契約は大変申し訳ございませんが、確定申告時期の業務負担が過重になることが考えられますので現在、見合わせさせていただいております。したがいまして下記のプランは法人様のプランとなります。

1.年間売上高が5,000万円未満の法人様の超お値打ちプラン

月次報酬(毎月) 決算報酬(年1回) 年間報酬
クラウド会計で入力 ¥15,000 ¥120,000 ¥300,000

上記のプランにつきましては、基本的には面談は決算時の年1回とさせていただきます。

通常の会計ソフトですと年間売上高が3,000万円までの超お値打ちプランですが、MFクラウド会計・freee・弥生会計クラウドのどれかのクラウド会計導入のお客様に限り年間売上高が5,000万円までとさせていただきます。

クラウド会計導入時の打ち合わせ等の面談については別途料金をいただきませんが、金山の山田会計事務所での面談を原則とさせていただきます。
また、クラウド会計で自動取り込みできない部分の記帳代行は当税理士事務所で行います。
電話またはメールにての税務相談は随時させていただきます。

◎決算報酬には法人税・地方税の申告及び消費税の申告を含みます。
◎年末調整については対象となる方お一人様 2,000円、対象とならない方(退職者又は乙欄の方など)はお一人様1,000円。
法定調書合計表の作成及び提出は10,000円、給与支払報告書は各市町村役場一件当たり作成及び提出2,000円です。
◎償却資産税申告書の作成及び提出は各市町村役場一件当たり5,000円です。
(以上の金額がすべて消費税抜きです。)

2.通常の顧問料より、クラウド会計の利用料相当分減額します

クラウド会計を導入いただきますと自動取込により入力工程が削減できますので、その削減分を還元させていただくプランです。上記1の年間売上高及び訪問頻度のような限定なくすべてのお客様に利用していただけますが、上記1の超お値打ちプランとの併用は不可とさせていただきます。

減額金額はMFクラウド会計・freee・弥生会計クラウドのクラウド会計の利用料がプランにもよりますが大体年間で3万円前後になりますので、年間の減額金額を30,000円(月々 2,500円)とさせていただきます。したがいまして厳密にそれぞれのクラウド会計ソフトの利用料を同額を減額させていただくわけではないことをご留意ください。

なお、今後のクラウド会計の利用料の状況によっては減額金額を変更させていただく可能性があります。

フッター上お問い合わせ